シャンクレール・婚活パーティー。結婚を意識した出会い探しに

- シャンクレールプラス -

シャンクレールプラス

お見合いパーティ・婚活パーティー 毎日開催中!

先月の参加人数
38125

誕生カップル人数
18358

先月のカップル率
48

>> SITEMAP

>> HOME

シャンクレールプラス|全国No.1の趣味コン総合サイト > 職業編 > 国家公務員

職業編

国家公務員編

国家公務員と婚活パーティー

婚活パーティーで人気が高い職種の一つが国家公務員です。 一般行政職員をはじめ、税務署職員や海上保安官など、一口に国家公務員といっても具体的な職業はさまざまですが、多くの国家公務員は、共済年金等の各種優遇制度があり、リストラや解雇の心配もほとんどないなど、高い安定性が魅力。民間企業のように倒産や業績不振で収入が大幅に減る心配もありません。

不況に強く、結婚相手としては申し分のない国家公務員ですが、職種によっては残業や休日出勤など長時間の労働が課せられる場合もあり、結婚したいと思いながらも「なかなか良い出会いがない」という方は少なくありません。

そのような国家公務員の方にとって有力な出会いの一つとなるのが婚活パーティーです。 婚活中の国家公務員の方は、男性であれば同じように結婚を意識した出会いを探している女性が集まる「結婚適齢期向けの婚活パーティー」や、20代・30代・40代など参加者の年齢が絞られ、同年代同士の出会いが期待できるパーティーをチェックしてみましょう。 また、公務員男性のみが参加可能な婚活パーティーであれば、公務員の男性をお相手に探している女性と出会うことができ、カップル後、本格的な交際がスタートする確率も高まります。

一方、女性国家公務員の方も、安定性や待遇の良さは大きな魅力です。近年は、結婚後も仕事を続ける共働き世帯が夫婦全体の半数以上を占めており、産休・育休制度や時短勤務制度が充実した国家公務員は、共働きを続けるうえでメリットの多い職業と言えるでしょう。 結婚後も仕事を続けたい方や、夫婦共働きに理解のある男性と出会いたい方は、社会人同士の出会いにスポットを当てた婚活パーティーなどを活用し、出会いのチャンスを広げてみてはいかがでしょう。

国家公務員のお仕事事情

ちょっと気になる国家公務員のお仕事事情をご紹介します。今回は国家公務員の年収についてです。

国家公務員の年収例
一般(行政)職員 平均年収632.8万円
海上保安官 平均年収688.2万円
税務署職員 平均年収739.7万円
皇居護衛官・刑務官 平均年収626.5万円
全体平均662.7万円

参考資料:年収ラボ 平成22年度

国家公務員職の平均年収はサラリーマン全体の平均年収が412万円である事を考えると、平均より高めと言えるでしょう。

婚活パーティーの基本的な流れ

  • パーティ受付
  • プロフィールカードの記入
  • パーティースタート&自己紹介
  • 第一印象チェック!
  • フリータイム(複数回)
  • カード告白タイム
  • カップル発表

担当者

パーティー運営者からのコメント

特におススメは、『新宿①会場のハイステパーティー』です。
数ある人気のハイステータスパーティーの中でも、新宿会場の【男性年収700万円以上】とタイトルにあるパーティーは全国的に見ても職業的地位の高い男性参加者が多いパーティーの一つです。

このページのトップへ

国家公務員と出会えるパーティー

詳細

個室パーティー

落ち着いた雰囲気でじっくりとお話したい方

詳細

男性ハイステータス

憧れの職業の異性と出会いたい方

詳細

同年代パーティー

共通の話題や価値観が一緒のパートナーを希望されている方

詳細

異業種パーティー

性別、年齢問わず広い人脈をお求めの方

このページのトップへ

地域別検索

北海道エリア

東北エリア

神奈川エリア

千葉エリア

埼玉エリア

北関東エリア

東京エリア

甲信越・北陸エリア

東海エリア

大阪エリア

関西エリア

中国・四国エリア

九州・沖縄エリア

婚活パーティの基礎知識

シャンクレール
facebook

このページのトップへ